美浜園

2010/8/13 海浜幕張を付近を散歩していたら、日本庭園っぽいところに迷い込んでしまいました。
ぐるッと周ってみると・・・そこには「見浜園」なる文字があり、入園料が100円ってことで、折角なので入ってみました。

そしたら・・・・、ありゃ素晴らしい!感動しました!!こんな素晴らしいところが千葉市にあったんですね!

というわけで、見浜園の魅力を紹介していきます。

感動!一歩入ると、そこは外界と隔絶された和の空間

通りすがりで発見した見浜園に入ってみました。

一歩はいると、幕張新都心の喧騒がまったく消えて、聞こえるのは蝉の鳴き声、木々の揺らめき、水のせせらぎなど完全に自然の音だけです。

そう・・・
そこは完全に外界と隔絶された和の空間なのです。さらに驚いたのは、ここに足を入れた瞬間に涼しくなった感じがしたんですよね。庭園の空間が涼を感じさせる造りで私の錯覚なのか、それとも本当に温度が外界より低いのか・・・それは解りませんが、涼しく感じたのは間違いありません。そう、夏場の一番暑い時期こそ、日本庭園を訪れるのは涼を取るいい手段ですね。夕方時などヒグラシが鳴き更に心地よさそうな空間です。

夏場でなくとも、外界から遮断されたこの空間で、日々の忙しさ、喧騒から心をリセットしたりリフレッシュ、リラックスするのにもとてもいい場所だと思いますよ。

感動!抹茶が美味い!!

入園時に受付で抹茶&和菓子の券(400円也)を購入して、茶室「松籟亭(しょうらいてい)」に行きました。

灯篭を左手に見ながら入ると、和装の女性が出迎えてくれました。「茶室」というよりは休憩所というイメージですが、飾ってある掛け軸が荘厳な雰囲気を醸し出しています。

抹茶は、温・冷、お好みでしたが真夏の暑いときなので冷たいのを注文。

冷えたガラスの器に冷えた抹茶がきました。姿勢を正して、両手で器を持ち一口ずつ頂きました。少し飲むと抹茶の渋さ・苦さを感じながらも夏場で疲れた体(ここに来る前は3時間ほどウォーキングしてました)を癒してくれ、活力を与えてくれました。実際に抹茶にはカフェインが含まれていて、脳の中枢神経に興奮的に作用するため、運動能力を向上させたり覚醒作用があるとされています。お菓子のお饅頭ととてもマッチしていて美味しく頂戴いたしました。

感動!和と洋の融合

海浜幕張というと、「幕張新都心」という別名があるように、千葉県で一番大きなオフィス街です。都心から近いということもあり、都内や神奈川などからも通勤する人も多数。

新宿などのオフィス街よりもごちゃごちゃしていない、ということでドラマやカラオケの撮影などでも頻繁に利用されています。更には「ニューオータニ」「マンハッタン」「フランクス」「アパホテル」など有名ホテルも多数隣接し、結婚式場としても人気のスポットです。

そして海浜幕張のもう一つの顔は「幕張ベイタウン」です。ここはヨーロッパ風のデザインに統一された住宅街で、初めてその中に一歩足を踏み入れた人は誰しも「ここは日本??」という感覚に至ります。

そんな「ビジネス街」「ホテル」「欧風の街並み」の間に存在するのが、この「見浜園」なのです。この欧風な街並みや洗練されたビジネス街と純和風な日本庭園が見事に融合して共存しているのがすばらしいと思いました。

一番左上の写真は、ベイタウンの象徴的な建物である、「両セントラルパークタワー」と見浜園のコラボ写真。「逆さ富士」ならぬ「逆さセントラルパークタワー」となってます。青空だったらもっと綺麗に撮れたんでしょうけど、見事に和と欧が融合しているのがわかります

上の写真だと、「ベイタウンってどこが欧風なの?」って思うかもしれませんので、ベイタウンの中に入ってとった画像も紹介します。↓ベイタウンの風景↓

感動!ヤマユリが美しすぎる!

8月という季節柄もあり、ヤマユリが沢山咲いていてとてもきれいでした。ユリの王様といわれ、日本固有産のユリであるヤマユリは日本庭園にふさわしいですね。そのキレイさに見とれ思わずシャッターを切りまくってしまいました。

今は季節的にヤマユリが咲いていましたが、季節は色を変え幾度となく巡るごとに、様々な顔を見せてくれるんだと思います。秋にはどんな花が咲くんでしょうか・・・。今から楽しみです。

感動!かるがもが可愛すぎる!

さて、一通り周って見浜園の見学も終わりかなぁと思ったところに、なんとカルガモ一家を発見しました。カルガモかどうか解りませんが、とりあえずカルガモとしておきます(笑)

最初、一羽だけかなぁ・・と思ったら、親子であわせて7羽ほど居ました。仲良く水浴びして餌を探しているようでしたね。 水遊びが終わった後は足早に水辺からあがり、ひょこひょこと歩きながら去っていきました。

・・・と思いきや・・・茶室「松籟亭(しょうらいてい)」の入り口で、ぴたっと止まって様子を伺っている様子(最後から2枚目)。かるがもクン達も、茶を嗜みたかったのでしょうかね?迷った挙句(?)また足早に歩き始めて去って行きました。

そんなわけで、見浜園の紹介を致しました。

千葉市に長く住んでいても知らないスポットがまだまだたくさんあるんですね!
またこういう感動したスポットなどありましたら紹介していきたいと思います。

つぶやく

   

スポンサードリンク
千葉のイベント情報
スポンサードリンク